まつげを伸ばす方法|目力ばっちりまつげ対策法をご紹介!

マツエクやマスカラの使い過ぎ!?

 

  • いつの間にか自まつげが減っている…
  • もっとメイクを楽しみたい…
  • まつげが無いから薄顔で…

 

そんな悩みを持つあなたに

 

”目元ぱっちり”

 

”ふさふさまつげ”

 

に変身できる

 

自分のまつげを伸ばす方法をご紹介します。

 

 

まつげを伸ばすために

 

誰でも出来る

 

簡単な”まつ育”の方法です。

 

 

当サイトが厳選した

 

まつ育のコツをご覧ください!

 

 

まつげは今からでも伸びるの?

結論から申し上げますと

 

まつげは今からでも伸びます!

 

何歳になってもまつげは伸びるんです!

 

 

現に私のおばあちゃんは

 

70を過ぎても

 

まつげがふさふさなんです!

 

 

※70を過ぎてもまつげがふさふさの理由は?

 

 

なので

 

何歳になろうとまつげは伸びますのでご安心ください。

 

 

ふさふさまつげにあこがれる

 

そんな女性の方も多いと思います。

 

  • 若いころはもっとふさふさだったのに
  • 最近目が小さく見える
  • 年齢より老けて見える

 

まつげが減ってくると

 

そんな悩みを持つ方も多いですね。

 

 

確かにまつげがあるとふさふさで豊かな表情にも見え

 

若々しく自信のある表情に見えますよね?

 

まつげ,伸ばす,方法

 

これから、そんな憧れのまつげになるために

 

効果の高いまつ育の方法を紹介していきます。

 

まつげへのダメージがまつげを減らしていく

最近では

 

様々なまつげ美容液やまつげ育毛液がたくさんの会社からどんどん発売されていますが、

 

それだけ長くフサフサのまつげは多くの女性の憧れであり、

 

美しさを追求する為に欠かせない大切なパーツポイントの一つです。

 

 

ところが一方では

 

悲しい事実ですが長くフサフサのまつげにあこがれるが故の

 

メイク方法や過度なケアが毎日の積み重ねで

 

逆にダメージを与えてしまう場面も多々あるのが現実です。

 

まつげ,伸ばす,方法

 

どうしても外からの影響を受けやすく、

 

放っておくとどんどん進んでしまうまつ毛のダメージですが、

 

そもそもどんな事が原因でダメージにつながってしまうのかを知る事が

 

美しくまつ毛を育てるヒントにも繋がりますので

 

しっかりと理解して毎日の積み重ねに生かしていく事が大切です。

 

まつ毛にダメージを与える3つの事

 

ここでまつ毛にダメージを与える3つの行動を紹介します。

 

ご自分でもチェックしてみてください。

 

 

誤ったクレンジングのダメージ

 

 

まず第一のダメージの原因として挙げられるのが

 

誤ったクレンジング方法です。

 

 

最近では

 

まつ毛に優しいお湯で簡単に落ちるマスカラも多く発売されていますが、

 

きちんと落としきれていないマスカラがダメージに繋がります。

 

 

特にマスカラにウォータープルーフを使用している方は要注意です。

 

 

細く繊細な毛からマスカラをゴシゴシと擦り落としては

 

毛根から痛めてしまい、

 

抜け毛に繋がってしまいます。

 

 

ポイントメイクのクレンジングには

 

専用のポイントメイクリムーバーを使用して優しく簡単に落としてあげましょう。

 

ビューラーによるダメージ

 

二つ目の痛みの原因としては

 

毎日積み重なったビューラーからかかる負担です。

 

 

ビューラーのゴム部分が劣化してすり減りが激しいと

 

ビューラーをかける度に毛が挟まってしまい

 

うっかり抜いてしまう場合もあります。

 

 

 

ビューラーの金具部分は常にティッシュなどで拭き取り

 

清潔に保ち、ゴム部分のメンテナンスも怠る事なく確認しましょう。

 

まつげ,伸ばす,方法

 

また、

 

最近では低温で優しくまつ毛を持ち上げてくれる

 

ホットビューラーも人気なので、

 

そういったメイク道具を取り入れていくのもおすすめです。

 

生活習慣によるダメージ

 

三つ目の原因では生活習慣やクセが関係してきます。

 

 

ついつい無意識に目を擦ってしまったり、

 

すっきり気持ちいいからと洗顔の後にタオルで強く顔を拭いてしまうと肌はもちろん、

 

まつ毛へも負担をかけてしまいます。

 

 

 

そういった行動は無意識に行なっている方が多いので、

 

この機会にもう一度自分のクセを見直して見ましょう。

 

 

以上のことがまつげが痛む主な原因です。

 

 

一つ一つの原因を取り除き、

 

今生えている自分のまつ毛を大切に守りながら、

 

さらにこれから生えてくるまつ毛が健康にすくすくと伸びるように

 

環境を整えて綺麗にスッと伸びたフサフサのまつ毛を手に入れましょう。

まつげを伸ばすためにするまつ育の方法とは?

まつげは見た目の美しさだけではなく、

 

目にホコリなどの異物の侵入を防ぐなど重要な役割を占めています。

 

 

しかし、生活習慣、加齢、皮膚の疾患、ストレスなどさまざまな原因で抜けてしまうことがあるだけではなく、

 

髪の毛やヒゲなどと違い

 

生えたり濃くなるスピードが遅い

 

のが特徴です。

 

 

 

薄くなったのをカバーするために目元からゴージャスに演出するエクステンションを装着するのがブームとなりましたが、

 

接着剤を使用するものでは皮膚や毛根にダメージを与えてしまったり、

 

取り外す際に無理をして抜けてしまうケースも少なくありませんでした。

 

まつげ,伸ばす,方法

 

そんな中で、

 

まつげを増やしたり育てたりするためにケアをするまつ育が登場し、

 

大きな注目を集めています。

 

まつ育とは?

 

まつ育とはバランスの良い栄養のある食事と適度な運動を行い、

 

十分な睡眠でストレスを溜めないような暮らしを心がけ、

 

毛が生え変わる周期を表す毛周期のサイクルを正常化させて

 

しっかりとしたまつげが生えやすい体内環境を整えるのはもちろんのこと、

 

さまざまな商品を使用して育てて行きます。

 

 

まつ育用商品には塗布することで栄養を与えて強くしたり、

 

毛根をケアして育毛を行なうものなどがあります。

 

 

配合されている成分にはさまざまあり、

 

ワイドラッシュはハリ、コシ、ツヤを与え濃くて強い毛を作り出し、

 

リデンシルはエイジングケア効果によりハリのある目元を作り出します。

 

 

 

キャピキシルは頭髪用の育毛剤にも使用されている成分で、

 

まつげにも潤いを届け、

 

ネオダーミルは敏感な目元にも安心の低刺激な美容成分で、

 

周辺からまつ育をサポートします。

 

 

さらにオリゴペプチドやプレクランなどの保湿成分やアーモンドエキスをはじめとするオーガニックなハリ、

 

コシ成分で目元の肌から潤いと栄養を与えて強くて濃いまつげを育てて行きます。

 

 

 

それらの商品の使い方は簡単で、

 

容器のキャップを外せば先端にチップが付いているので美容液をたっぷり染み込ませてから目元の生え際に塗布して伸ばし、

 

根元から毛先に向かって優しく広げ、

 

瞼の下側はチップの先端を使って目尻の際まで丁寧に塗布して行きます。

 

 

 

これを毎日続けることでハリとツヤのあるボリュームたっぷりの目元を作り出すことができます。

 

 

また、多くの商品は自然由来の優しい成分を使用しているだけではなく、

 

アイメイクの下地にも使用できるので特に意識をして行なうのではなく、

 

普段のメイクの流れの中でまつ育を実現できるのも嬉しいところです。